JPSUスポーツトレーナーを取得するために

JPSUスポーツトレーナーは、全国体育スポーツ系大学協議会に加盟する49大学の中で本資格の認定校に所属する学生と卒業生が取得できます。認定校では、資格認定に必要なカリキュラム(表1)が設定されていて、必要とされる全ての単位の取得、もしくは取得見込みになると、集合講習への参加および資格認定試験の受験資格が得られます。詳しくは【資料1】をご覧下さい。また認定校の卒業生で本資格の取得を希望される方は、卒業校にご相談下さい。

資格取得までのスケジュール

8月上旬
 ホームページ上で集合講習および試験案内の告示
10月上旬から末日
 認定校において受験資格確認後、願書提出
11〜12月末
 集合講習および試験の実施
1月中旬
 試験の合否判定の実施
3月中旬
 学士の取得確定後、資格認定
4月中旬
 認定証郵送

表1 JPSUスポーツトレーナー資格の認定に必要なカリキュラム
(下の項目の名称は、認定校の授業名とは必ずしも同じではありません)

講習科目 内容
スポーツトレーナーに必要な資質 コーチング
教育的指導と倫理
専門家との連携
スポーツトレーナー総論
JPSUスポーツトレーナーの役割(集合講習)
体育スポーツに対する
運動実践
運動指導
予防対応
救急対応
体育スポーツ
実践・指導
(実技)
①記録系競技実践・指導
②球技系競技実践・指導
③武道・格闘技系実践・指導
④基礎運動実践・指導
トレーニング
コンディショニング
実践・指導
(実技)
行動体力に関わる体力要素の実践・指導
例 筋力トレーニングなど
現場実習
集団指導
現場対応
体力測定評価
(実技)
身体組成測定評価
筋力測定評価
柔軟性測定評価
パワー測定評価
持久力測定評価
救急処置方
(講義・実技)
心肺蘇生法&AED
整形外科的疾患に対する救急処置
内科的疾患に対する救急処置
救急処置シミュレーション
運搬法
スポーツ科学に関する知識 スポーツ生理学 運動と身体反応
環境と身体反応
スポーツ栄養学 減量・増量に関わる栄養
食事指導と教育
スポーツ心理学 スポーツにおける心理学の領域
スポーツ心理学的アプローチ
トレーニング科学 各種トレーニングにおける身体反応
トレーニングのプログラムデザイン
バイオメカニクス
バイオメカニクスの領域
各種運動の動きの見方
機能解剖学
上肢の基礎解剖と運動
体幹の基礎解剖と運動
下肢の基礎解剖と運動
コンディショニング コンディショニングの基礎
年齢・性別のコンディショニング
各種コンディショニング方法
スポーツ医学に関する知識 スポーツ医学
(内科)
内科的疾患・感染症とその対策
内科的メディカルチェック
スポーツ医学
(運動器)
上肢・下肢・脊柱のスポーツ外傷・障害
整形外科的メディカルチェック